戸建ての外壁塗装の費用で後悔しない方法

戸建て住宅の外壁塗装の費用は塗料の価格だけではありません。工事費・諸経費・職人の日当なども含みます。完成後の保証費用もうっかり組み込まれているかも?外壁塗装の費用で後悔したくない人に読んでほしい無料ガイドブックあります。

戸建て住宅の外壁塗装の費用は塗料の価格だけではありません。工事費・諸経費・職人の日当なども含みます。完成後の保証費用もうっかり組み込まれているかも?外壁塗装の費用で後悔したくない人に読んでほしい無料ガイドブックあります。

外壁塗装の費用は建坪30坪で●●万円

30坪の戸建て住宅の外壁塗装を例にして、費用の相場や見落としがちな部分をズバリ。

外壁塗装だけなら50万~80万が費用相場
・屋根塗装と外壁塗装を一緒にやるなら概ね1.5倍以内を目途に
・工務店、塗装専門店、リフォーム店、住宅メーカー系など請負元で微妙に費用に差が出る
・費用相場の差は、外壁(建物)の状況、塗料の種類、中間マージン、職人の日当など一律でない項目があるため
・追加工事の認識に業者とお客側でズレが生じて揉めるきっかけになりやすい
・外壁塗装の工事後の保証費用も有料、無料とで揉めやすい

>>> 外壁塗装の費用で見落とせない点の続き

外壁塗装の費用で後悔しない方法などがホントにあれば、全てのお客さんは大満足なはず。
しかし現実問題として素人には外壁塗装の基礎知識が無いばかりに騙されやすいのです。

外壁塗装の悪徳業者は無知につけ込んできますので、最低限の基礎知識を持つことは費用で後悔しないために必要です。取材が殺到した外壁塗装業者を専門に仲介している会社の無料ガイドブックがオススメです。

>>> 無料ガイドブックの内容を見る

外壁塗装の費用の値引きの話

外壁塗装の費用を値引きしてくれた話を聞けば、誰もが業者の名前を聞きたくなるもの。だけども外壁塗装の費用の値引きは、業界関係者曰く「値引きは悪徳業者が使う手抜き宣言」ということでした。

外壁塗装は、いくらでも手抜きが出来ます。しかも手抜きのバリエーションも多いのが特徴です。

外壁塗装だけでなく、屋根塗装やリフォームなど、手抜き工事や詐欺紛いのニュースは今でも見聞きしますよね。逆に言えば、それだけ戸建て住宅には付け入るスキがあるわけです。

>>> 具体的な手抜きの内容はコチラ

数千万円の買い物にしては、知識不足が否めないんですね。だからこそ、しっかりと外壁塗装の費用がどうやって算出されているのか、基本的な外壁塗装工事とは何をするのか、しっかりと知っておくだけで騙されずに済みます。全ては自宅を守るためです。

簡単に外壁塗装業者が値引きを持ち掛けた時は要注意。費用の見積もりに「値引き」と書かれていたり、「お宅だけ特別に値引きします」と誘って来たりすると、つい契約しそうになるのが人情。しかし外壁塗装は自動車購入と違い、自宅を暑さ寒さ、雨風から守るための必要なメンテナンスですから、適正価格で工事を発注すべき。

隠れて手抜きされるより、腕のある職人にキッチリと自宅を新築並みに変身させて貰うほうが、家は長持ち、家族も大喜びです。手抜き工事が発覚しても泣き寝入りがほとんどですし、修復は不可能、運が良くて自己負担による塗り直しです。手抜き工事の業者は姿を消すので連絡が取れなくなるのがパターンですからね。

>>> 手抜きパターンをもっと知る

手術費用を値引きする医師や病院には、私は行きたくありません。とても「お得」とは思えないからです。

外壁塗装の費用は気になるところでしょうが、相場に左右され過ぎないためにも、外壁塗装工事の中身を少しでも知ることで、適正な見積りが見えてきます。信頼できる外壁塗装業者を見極める目も養われます。

外壁塗装の無料ガイドブックの中身

外壁塗装の赤本

外壁塗装の費用は業者で差が出ます。しかし、どこの業者も「安心」「親切」「丁寧」「低価格」「高信頼」「実績豊富」とアピールしてきます。相見積もりしても、素人では判断が難しく、結局、説明に来た業者の人柄が良かったなど、工事の仕上げを左右するとは全く思えない理由にすがるんですね。それが悲劇を生んでしまうわけです。

人柄で業者を選びたいのなら、その人が現場監督や責任者として毎日来て作業する人だと確認できてから、判断することをオススメします。尚、人柄と工事の腕には相関関係はありませんが、腕の良い外壁塗装職人や真面目で責任ある立場の人が、素人のトンチンカンな質問にも細かく丁寧に答えてくれるかどうかも、判断材料になりますよ。

無料ガイドブックの「お客様の感想」欄で業者選びのヒントが見えます。

>>> 職人の誠実エピソードも満載

外壁塗装で悩んでいたら

外壁塗装の事で相談先もなく、工事店に知り合いもないなど突破口が見えてこない場合は、優良工事店ネットワークの無料ガイドブックを請求してみてください。請求には、ある程度の個人情報の入力が必要ですが、電話やダイレクトメール、自宅訪問など営業は全くありません(体験済み)。必要になったら外壁塗装の費用の見積りを依頼すればいいですし、見積りをしたとしても業者との契約は必須でないことも確認していますので安心です。無料ガイドブック請求におけるリスクは一切ありません。

外壁塗装に値引きはない

外壁工事を含むリフォーム工事全般において、値引きと言うのは、まず「あり得ない」と思っておいたほうが良いです。値引きのシワ寄せは、以下に及ぶことがあります。

・業者の利幅を削る(薄利多売)
・下請け・孫請けへの費用を圧縮
・材料グレードを数ランク下げて採算を合わせる
・職人の人件費や現場管理費用を下げて(省いて)採算を合わせる

このような経営的な観点以外でも、値引きのシワ寄せはあります。それは「手抜き」による採算合わせです。手抜き工事は手っ取り早くて、お客さんにバレにくい方法なんです。

例えば、3度塗りが基本の塗装において2度しか塗らない、必要以上に塗料を希釈する、勝手に塗料のグレードを落とす、職人を減らす、職人を未経験アルバイトにすり替える、塗っていないのに塗った事にする等です。見た目をキレイにすれば、お客さんは納得してしまうので、余計に手抜き工事がバレにくいのがリフォーム業界なんですね。事例を探せばいくらでも出てきますよ手抜き工事の方法は。

こういた内情が頭に入っていれば、値引きは客寄せの文言で、実際は、外壁工事に何らかの悪い影響が出ると考えることが出来るようになります。外壁工事のトラブルを未然防ぐことが出来ますよね。ここで紹介している優良工事店ネットワークの無料ガイドブックは、我が身を守るための外壁工事についての知識が満載なので、多くの方に読まれているんです。リフォーム業界が、値引き合戦にならないのは「ビジネスとして成り立たない」からなんですね。携帯電話(スマートフォン)のように「〇〇割」という世界ではありません。また、自動車のように値引き込みで取引が行われる商慣習にはなっていません。

外壁工事の見積りに関しては多種多様な住宅を見るわけですから、人が計測しながら積算していきます。無料という事自体が既に人件費を業者側が負担しているので、値引き以上にキツイんですね。そういった事情なので、まともな外壁工事の見積りなら、自分のクビを締めることになる値引きは、まずあり得ないのです。職人さんに最大限のスキルを発揮してもらわなければなりませんから、適正価格で見積りを出す、お客さんが検討して受け入れるか否かを決定する、ということが理想的な契約になります。

後腐れのない理想的な契約をお望みなら、優良工事店ネットワークの無料ガイドブックを請求して、必要な知識を蓄えてからでも、決して遅くはないですよ。今すぐ請求しましょう。


戸建ての外壁塗装の費用で後悔しない方法 © 2017