外壁塗装の価格と地域相場

外壁塗装の価格は業者によってなぜ違うのか?。大手住宅会社と地元の外壁塗装専門店、リフォーム会社との間では見積り価格に開きがある理由とは?。外壁塗装の見積り価格の比較サイトは本当に信頼できるのか?。素人が外壁塗装工事で失敗しないための基礎知識とは?。優良業者と悪徳業者の特徴、絶対に飲んではいけない価格に関する提案とは何か?

様々な外壁塗装に関する疑問を価格を中心に大胆に回答が書かれている無料で読めるベストセラーはコチラ。

⇒⇒⇒ 外壁塗装の価格のナゾが丸わかり

外壁塗装の価格はブラックボックス?

ガイドブック

外壁塗装の価格は塗料だけじゃない

先日、新聞チラシで見た外壁塗装会社では、塗り面積120㎡の2階建て戸建住宅にウレタン塗装で65万円がベース価格と記載していました。あくまでも、この外壁塗装店独自のキャンペーン価格なので、実際に図面を見たり実測すれば、それなりの価格の誤差は出ます。塗料だけでなく足場代なども含めての金額が外壁塗装工事の価格なので、本当に客寄せ価格でしかありません。
同じ坪数でも塗り面積は建物によって変わりますし、傷みの度合いで下地処理も変わってくるでしょう。何より職人の数も適当では仕事になりません。

では、外壁塗装の価格は地域相場と関連性は無いのか?

恐らく無いと言っていいでしょう。一戸建ての場合、全く同じ条件の外壁塗装はあり得ないからです。外壁塗装はオーダーメイド価格なので現場での実作や確認作業による見積りによって全体の価格がようやく明確になるわけです。見積り無料というのは、外壁塗装業者からすると、相当な負担を背負ってるので、適当な見積りはしません。万一、適当ならば、作業も手抜きがちと考えるべきです。つまり価格の相場を情報収集するよりも、外壁塗装業者に関する情報収集の方が、実はメリットが大きかったりします。

例えば、

  • 塗料の特徴や価格に関する説明
  • 下地処理の作業内容とその範囲
  • 外壁塗装が必要な㎡数と工事日程

などを、滞りなく、それでいて親切に丁寧に書面や口頭で伝える業者は、お客さんの立場に立てると考えていいです。もちろん、相談や質問にもイヤな顔をしないという事も確認しておくべきです。ところが、これが出来ない業者も多いです。職人は黙って仕事さえすればいい、なんて時代遅れも甚だしい態度の業者は、避けておいて正解です。

一軒家と言っても平屋もあれば二階建て、三階建てもありますし、屋根塗装も必要となると、簡単に価格がネットで調査して具体的に出るわけがないことが理解できると思います。Yahoo!知恵袋などの質問サイトでも外壁塗装の価格については、漠然とした価格でしか提示されていません。安過ぎず高すぎない適正価格を追及するべきで、価格の内訳を知る必要があります。

⇒⇒⇒ 外壁塗装の価格の内訳はコチラで

外壁塗装の適正価格とは

お客様の声

外壁塗装の適正価格とは、お客さんの要望と予算に対して業者側が出した見積り金額が妥当かどうかを判断できなければ、答えは出ません。仮に見積り価格が予算を上回っている場合、何がネックなのか調べる必要があります。しかし、この追及が出来ないから見積り価格の比較をしがちですが、比較したところで工事内容や塗料の知識や項目ごとの価格相場を知らなければ意味はありません。ただ、高いか安いかだけが判断材料になるわけです。

また、適正価格を求めるのなら、絶対にやってはいけないことがあります。やみくもに新聞チラシや電話帳、住宅会社や訪問営業(飛び込み営業)を相手に、外壁塗装の見積もりや価格相談をすることです。「営業マンがいい人そうだった」という意味不明な理由で外壁塗装を任せるのも止めましょう。損するだけです。ほぼ間違いなく徒労に終わるか、最悪の場合、外壁塗装について何も知らない事につけ込まれて、もっともらしい理由をつけて法外な価格の追加工事を提案されたり、見えない場所で手抜き工事をやって、暴利をむさぼる悪徳業者の標的になってしまいます。

ここで外壁塗装を適正価格に収めるためのポイントを列記しておきます。

これだけでも大きな違いがわかると思いますが、長年にわたって外壁塗装の情報を発信している会社によると、まだまだチェックしておくべき事があるため、悪徳業者に騙されないよう、外壁塗装工事を失敗しないよう、気を付けるべきことはたくさんあります。

⇒⇒⇒失敗しない外壁塗装の価格チェック 続きはコチラ

外壁塗装業者のキャンペーン価格のウラ

キャンペーン価格

外壁塗装のピークは梅雨入り前と暑さを過ぎて気候が落ち着く秋。きれいな自宅で正月を迎えたいというのが動機の中でも多くなっています。これらの時期になると外壁塗装業者はキャンペーン価格を打ち出します。キャンペーン価格は確かにお得で、このような地元密着の外壁塗装専門工事店のチラシは参考になります。基本的に、外壁塗装の業者そのものに不信感を抱いている人も少なくないので、「外壁塗装 失敗」「外壁塗装 悪徳業者」「外壁塗装 価格」「外壁塗装 後悔」など、検索機会が増えているのも事実です。地元の塗装店なら情報収集も難しくないでしょうから、問い合わせてみるのも良いと思います。

ただし、外壁塗装でキャンペーン価格を狙うとしても、塗料のグレードを落としたものしか使えなかったりと、様々な縛りがあるから価格が安いという状況もあり得ます。仮に、指定塗料の場合のみキャンペーン価格が適応されるという条件だったら、外壁塗装の投げ売りとでも言いましょうか、単に余った塗料を処分したいという内部事情があるのかもしれません。その指定塗料が自宅の塗り替えに偶然でも適用できるのなら問題は無いわけです。が、余った塗料は人気が無い、品質が怪しい、仕入れミスのどれかですから、キャンペーン価格であっても適正な見積りは要求すべきです。

外壁塗装の価格での失敗は大きな経済的損失を生みますし自宅の資産価値も下落しますから、価格の安さ、値引き、特別サービス、というセール感覚で飛びつくのは間違いです。繰り返しますが、外壁塗装の価格に関しては、自動車の購入と違って安易な値引きは、優良業者ほど実施していません。予算の範囲内でベストな材料を選択し、工事に関わる職人さんの人数や工事期間についても、きっちり計算して見積り価格を出します。

建物の状況と予算を見合わせながら、精度の高い見積り価格を出すのが、優良業者の特徴です。
仮に見た目以上に下地が損傷し修復などの費用が上がり、予算内では治まらないケースも珍しくないわけですが、そういったイレギュラーな事には対しては、お客さんが納得するまで説明し、合意を得るまで、契約の締結や工事を進めることは決してしないものです。人当たりが良いから、というのは単に調子がいいだけなのかも知れませんよ。現場を知らない実務に疎い営業マンより、おしゃべりが上手でなくても、現場責任者が真面目に説明してくれる方が、ずっと安心出来るはずです。

⇒⇒⇒ 安心価格の外壁塗装業者を紹介

外壁塗装の見積り価格に入れるべき工事項目

外壁塗装工事価格内訳

外壁塗装の見積り価格には、必須の項目があります。もし必須の項目が漏れていたら、外壁塗装について素人かどうかを見定められているか、手抜き工事の準備が組織的に実行されると思って最低限の事はチェックしてください。

外壁塗装優良工事店の見積り価格の常識

  • 塗装は下塗り、中塗り、上塗りの三回実施する事が明記されている
  • 中塗りと上塗りで微妙に色を変えて色ムラの無い方法を採用(要望されても嫌がらない)
  • 工事写真を提出することが記載されている
  • 足場代、養生代、マスキング費用、コーキング、高圧洗浄と塗装以外の工事も明確に文書化
  • 塗装する場所としない場所も明確に文書化
  • 塗料のメーカー名や品番も列記

列記したのは、ほんの一部です。外壁工事店の中には、無料で外壁カラーシミュレーションや色サンプルで色味を確認したりもします。ただし、実際に塗装した建物と外壁カラーシミュレーションや色サンプルとを比較すると、太陽光の当たり具合などで、若干の違いは出るので、そこは綿密に合意形成をしておくとトラブル予防にもなります。

⇒⇒⇒ 外壁塗装の見積り価格に含める内容の詳細はコチラ

外壁塗装業者を価格の安さで選んだ結果

外壁塗装の赤本

外壁塗装の失敗の原因は、信頼できる外壁塗装工事店を選ぶことが出来なかったから・・・。というのは一理ありますが、実は知識もなしに、相談や見積りを依頼してムダに高い価格で契約してしまうパターンが最も多いのです。特に男性は、知らないと口に出す事に対してプライドが許せないタイプが多いので、知ったかぶりをして高い外壁工事価格で契約してしまう傾向が強いです。大黒柱としての責任、世帯主としての威厳、近所や親族への見栄・・・・。ちっぽけなプライドが、適正価格の追及を邪魔して予算以上の外壁工事価格を飲んでしまうというのが結末です。

女性の場合は、外壁塗装の事について素直に知らないと言ったり、旦那に相談するという逃げの口上があるために、難を逃れることもあります。折角の自宅のお色直し、信頼できる外壁塗装工事店に巡り合うには、どうすればいいのでしょう。簡単です。プロの仲介業者に依頼するんです。

外壁塗装で悩んでいる人のために、全国の外壁塗装の工事店を独自の審査で判定し、合格レベルに達している工事店だけが加入できる外壁工事専門店のネットワーク組織を運営している会社があります。審査と運営を担っているのは優良工事店ネットワークで、役割は、登録工事店と外壁塗装の相談者との仲介、保証関係などです。優良工事店ネットワークに見積もり依頼や相談をすると、最寄りの地域から登録工事店を一社だけ選んで、推薦してくれます。工事店とは、必ずしも契約の義務はありませんし、セカンドオピニオン的な意見が必要ならば、再度、工事店を推薦してくれますので、じっくりと外壁塗装について検討できるのが特徴です。

よくある外壁塗装の一括見積りとは違います。一括見積は、業者同士の熾烈な受注争いに巻き込まれるだけで、話を聞いてもらえなかったり、蔑ろにされたりすることもあるので、はっきり申し上げて、おすすめはしません。

優良工事店ネットワークは、外壁塗装に関するガイドブックを無料で配布しています。見積もりをする前に読んで欲しい一冊なので、手に取ってみてください。ガイドブックを請求しても営業電話やダイレクトメールはありません。アクションを起こさない限りは、いつまでも待っていてくれますの。その間に、ガイドブックで外壁塗装の知識を付けて、適正価格とは何かを徹底的に叩き込んでおくことをオススメします。

⇒⇒⇒ 優良工事店ネットワーク責任編集のガイドブックを今だけタダ読み

外壁塗装だけでなく屋根塗装も同時にやりたいという相談や見積もり、その他にもキッチン、バスルーム、リビング、洗面化粧台、トイレなどのリフォームも優良工事店ネットワークでは対応しています。リフォームについては補助金やローンにも精通していますので、安心して問い合わせが出来ます。リフォームに関する無料ガイドブックも同時に届きますので、今すぐ、請求してみてください。

あまりの人気ぶりなので在庫がなくなり次第、配布は終了ということになっています。請求はお早めに。